HOME>注目記事>飲むタイミングとタンパク質の消耗を減らす効果

食後に飲むのが良い

汁

66品目もの栄養素が含まれている野草酵素はいつ飲めばいいのか、初心者の方は戸惑ってしまうでしょう。基本的には栄養素を摂取することをメインとするならばいつ飲んでも問題ありませんが、含まれている酵素を有効的に活用したいと考えるならば食事中もしくは食後の方が良いと言われています。なぜならば、ここでいう酵素とは消化酵素のことであり、この野草酵素にはこれがたっぷりと含まれているのです。食後に飲むことで、胃の中の食べ物の消化をサポートしてくれるため体への負担が減ります。また、食前に飲むこともできますが、その場合は胃に含まれている胃酸と野草酵素がダイレクトに混ざることになります。酸性度の強い胃酸は外部からの消化酵素を変質かさせてしまい役立たなくさせる可能性があるため、せっかくの消化サポートの能力も失われてしまうのです。そのため、食前よりも食事中・食後に飲んだ方が効果的となります。

タンパク質の消耗を減らす

女性

なぜ消化サポートすることが良いのかというと、消化という作業は本人には気づかないうちにかなりのエネルギーや酵素(タンパク質)を消費してしまいます。特に、タンパク質は一日に生成できる量に限りがあり、消化以外にも代謝や免疫や体の構造形成など、様々な用途で形を変えつつ利用されるのです。つまり、消化でタンパク質で消耗したら他で使われる分が減ることとなり、逆に言えば、消化でタンパク質の消耗を抑えたら他のところで使われるのです。体づくりや新陳代謝のアップなどに役立たれ、健康や美容に役立たれます。このたんぱく質の総生成量は年齢を重ねて減少していくからこそ、野草酵素で体内のタンパク質の消耗を減らしていくことは大切だと言えるでしょう。

広告募集中